job offer

189 特別支援教育対策委員会研修会 学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会 2018.10.27・28

テーマ
  • 学校を理解して支援が出来る作業療法士の育成研修会
内容
 いま学校では全体の児童生徒数が減少する一方、特別な配慮を必要とする子どもたちが増えています。インクルーシブ教育の本格化により通常学級も含めたどの学校でも在籍児童の障害の重度化、多様化の問題が広がっています。
一方、通常は学校現場に居ない作業療法士がそのような子どもたちの学校生活を支援することには限界があります。子どもたちの学校生活をよりよく充実させるためには、より強い実践力をもつ学校の先生方との連携が不可欠です。
そこで今回、作業療法士が学校のことをよく理解し、ともに連携していける知識や技術を習得するための研修会を、日本作業療法士協会の後方支援を受けながら開催することになりました。兵庫県内だけでなく県外からの参加も多数お待ちしております。
日時
  • 平成30年10月27日(土) 11:00~16:20(受付10:30~)10月28日(日)  9:30~15:30
会場
  • デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) 3F 303
    〒651-0082 神戸市中央区小野浜1-4
講師
  • 藤本 裕人 氏(帝京平成大学現代ライフ学部教授)
  • 小俵 千智 氏(兵庫県教育委員会特別支援教育課課長)
  • 酒井 康年 氏(日本作業療法士協会/うめだ・あけぼの学園)
  • 吉岡 和哉 氏(日本作業療法士協会/県立広島大学保健福祉学部講師)
定員
  • 80名(先着順)
会場整理費
  • 2,000円(各都道府県士会員)
  • 4,000円(作業療法士非会員) ※2日間参加を原則とします
申込み条件
  • 兵庫県士会員および日本OT協会員
  • 兵庫県士会以外(他府県士会、非会員、一般)
締め切り
  • 平成30年10月24日(水)12:00(申し込み詳細は裏面)
問い合わせ先
  • 関西総合リハビリテーション専門学校 作業療法学科
    開發 基文   TEL 0799-60-3602
プログラム
※プログラムに以下の変更があります。
プログラム3「日本の教育と制度の内容」(藤本裕人)
プログラム4「兵庫の特別支援教育の今」(小俵千智)

この研修は申し込み受付を終了いたしました