兵庫県作業療法士会の概要plan

代表理事 挨拶
活動方針
沿  革
組 織 図
定  款
・名 称 一般社団法人 兵庫県作業療法士会
・所在地 〒651-2112 神戸市西区大津和2-6-3 ディアコートファイニス225
・役 員 代表理事  長倉 寿子
副会長   浅沼 由紀
副会長   長尾 徹
理事    井上 慎一
理事    門脇 誠一
理事    佐野 恭子
理事    竹内 さをり
理事    竹内 美保
理事    森川 孝子
理事    野田 和惠
理事    大庭 潤平
理事    田中 康介
監事    塚原 正志
監事    樋口 雄一

代表理事 挨拶

長倉 寿子

 兵庫県作業療法士会は、OT協会、県および他団体との協力体制の強化を基盤に、具体的に各市町村事業に参画可能な会員育成体制の整備を推進します。地域支援活動に対する人材確保と地域特性に応じた協力体制を構築できるよう可能な市町村から参画します。前年度までの重点課題に取り組む一方、新人・中堅OTの教育システム再構築や情報共有の効率化などをより促進します。地域支援事業等への関与と普及のためには、作業療法士としての技能向上について基礎からキャリアアップできるよう県士会の教育および学術活動についての現状と課題を整理します。さらに増加しつつある県士会事業や今後のあり方を検討すること、一方では新しい取り組みも一体的に進めていきたいと考えます。高齢者問題だけでなく、学校作業療法士、自動車運転に関する作業療法士など、取り組まなければならない課題も増えています。地域の中で子供から障害のある方、高齢者に関わることができる作業療法の一体的提供について、基盤づくりを進めます。広報活動の充実はもちろんのこと、県士会員に対する士会運営の意義や目的についての理解と興味を持っていただけるよう一層努力してまいります。

一般社団法人兵庫県作業療法士会 会長長倉 寿子

トップへ戻るボタン

平成29年度 重点課題および運営方針

 

〜地域に根差した作業療法士を支えるためのシステム構築と組織の変革に向けて〜

地域包括ケアシステムにおけるOTの役割構築と人材育成
  • 特設委員会(認知症・地域ケア推進・特別支援教育)とブロックの連携によるリーダー育成
    • 地域支援事業に対する作業療法士の活用
    • 生活行為向上マネジメント(MTDLP)の普及と事例登録の推進
  • リハ3士会合同地域支援推進協議会による人材登録の活用推進
    • 情報共有・研修会等の企画運営・協議会運営の再考
  • 理事・部長・ブロック長の連携体制の強化
作業療法士の技能向上にむけた取り組み
  • 学術発展の促進
    • 研究助成等の運用・啓発
  • 認知症臨床作業療法士の認定研修会の開催
    • OT協会モデル研修の運用
法人の管理と運営における取り組み
  • 組織率の向上
    • 会員に対する県士会活動の方針の周知と新人に対する啓発継続
    • 県士会会員管理システムの運用拡大
  • あり方検討会の開催
    • 県士会課題の明確化
    • 中長期計画の立案に向けた体制づくり
    • 新たな教育・研修・学会のあり方検討
  • 日本作業療法士協会との連携強化(47委員会、推進委員の活動)
    • 重点課題への取り組みの迅速化および研修体制の検討
関係団体・他職種、地域・一般市民との連携強化
  • ホームページ運用の拡充
  • 兵庫県医療職団体協議会、近畿連絡協議会の合同プロジェクト(4事業)の推進継続

平成28年度事業報告書 pdfアイコン

トップへ戻るボタン

沿 革

1984(昭和59)兵庫県作業療法士会設立準備開始
1985兵庫県作業療法士会設立
1992第1回兵庫県作業療法学会 開催
1994兵庫県作業療法士会設立10周年記念事業開催
2003ホームページの立ち上げ
2007第27回近畿作業療法学会 兵庫で開催
2007会員数1000名を突破
2008事務所を神戸市西区大津和に設置
2011一般社団法人設立
2012第50回作業療法全国研修会 兵庫で開催
2013第33回近畿作業療法学会 兵庫で開催
2014兵庫県3士会合同地域支援推進協議会 立ち上げ
2015第49回日本作業療法学会 兵庫で開催
2015兵庫県作業療法士会設立30周年記念事業開催

トップへ戻るボタン

組織図

兵庫県作業療法士会組織図

理事専用ログインページ

トップへ戻るボタン

定 款

一般社団法人 兵庫県作業療法士会 定款 pdfアイコン