兵庫県作業療法士会

文字サイズ

HOME第28回 兵庫県作業療法学会

第28回兵庫県作業療法学会


開催概要

名称
第28回兵庫県作業療法学会
テーマ
原点回帰 ~作業療法の本質を見つめ、未来を創造する~
会期
2022年12月18日(日)
会場
兵庫県民会館
神戸市中央区下山手通4-16-3
https://hyogo-arts.or.jp/kenmin/
学会長
末吉 謙斗
明石仁十病院
主催
一般社団法人 兵庫県作業療法士会
担当
一般社団法人 兵庫県作業療法士会 東播磨ブロック

第28回兵庫県作業療法学会チラシ

学会長 挨拶


_第28回兵庫県作業療法学会は,2022年12月18日(日),兵庫県民会館(神戸市)もしくは状況を見ながらWEB開催の予定としています.今回のテーマは「原点回帰 ~作業療法の本質を見つめ,未来を創造する~」とし,公開講座,教育セミナーともに「作業」をテーマにした内容を企画しています.
_私たち作業療法士は,医療はもちろん,福祉,教育,職業,司法など様々な領域で活動しています.このような情勢は,作業療法士が「作業」を固有の強みとして,今後も様々な領域で活躍できるチャンスだと考えています.そのため,いま一度「作業」そのものの理解を深化させ,作業を大切にした実践とはどのようなものなのか再確認をしていくこと,そして地域の中で作業を大切にした取り組みについて学ぶことが必要であると考えました.
_皆さんにとって,第28回学会への参加が作業療法の魅力の再確認のみならず作業療法士としてのスキルアップに繋がるよう,また日頃の悩みや疑問を解決できるきっかけとなる場となれるよう,私たち運営メンバーは全力で企画・運営していきます.学会当日皆さまとお会いできることを楽しみにしています.

学会長 末吉 謙斗
医療法人 公仁会 明石仁十病院

プログラム


<指定講演>

公開講座 
「人生100年時代を豊かに生きるコツ~ありふれた日常の生活行為を問い直す~」
 講師:齋藤 さわ子 氏((茨城県立医療大学教授 作業療法士)


教育セミナー
Ⅰ 作業科学 「作業」を捉える視点とことば
 講師:藤原 瑞穂 氏(神戸学院大学)

Ⅱ 生きづらさのある人の理解と関わり
 講師:岩根 達郎 氏 (京都府立洛南病院リハビリテーションセンター)

Ⅲ 作業療法は地域共生社会でどのように活かせるのか?
~臨床で取り組む作業・地域で営まれる作業から作業療法の本質を探る~
 講師:小南 陽平 氏 (宝塚リハビリテーション病院)

<兵庫県作業療法士会 特設委員会 活動報告>

<一般演題>

抄録集


下記からダウンロードしてください。

抄録集はこちら

※抄録集にはパスワードが設定されており、兵庫県士会員はメルマガや県士会ニュースでパスワードをお知らせ致します。
その他の参加者につきましては参加申し込みいただいた方に抄録集をお送りいたします。

タイムスケジュール

9:15~  受付開始  参加受付会場・事務局( 902号室 9階)
発表者受付 ( 901号室 9階) ※9:45までに
けんみんホール 9階 福の間 10階 パルテホール 11階
10:00 開会式
10:20

11:20
口述演題① 口述演題② 口述演題③
身体障害領域 身体障害領域 地域領域
休憩(10分)
11:30

12:30
口述演題④ 口述演題⑤ 口述演題⑥
老年期・精神障害領域 身体障害領域 身体障害領域
12:30

13:30
※昼休み(60分)県士会からの情報提提供

※昼食は福の間、パルテホールのみ利用可能です

昼食不可 昼食可能
特設委員会報告
(12:35〜13:20)
昼食可能
12:45~ 公開講座のみの参加受付(902号室 9階)
13:30

15:00
公開講座
齋藤 さわ子
(茨城県立医療大学)
人生100年時代を豊かに生きるコツ~ありふれた日常の生活行為を問い直す~
休憩(10分)
15:10

16:20
教育セミナー① 教育セミナー② 教育セミナー③
藤原 瑞穂
(神戸学院大学)
作業科学
〜「作業」を捉える視点とことば~
小南 陽平
(宝塚リハビリテーション病院)
作業療法は地域共生社会で
どのように活かせるのか?
~臨床で取り組む作業・地域で営まれる作業から作業療法の本質を探る~
岩根 達郎
(京都府立洛南病院)
生きづらさのある
人の理解と関わり
休憩(5分)
16:25 閉会式


学会への参加方法


ご注意ください!

〇 今学会では、「事前」参加登録のみを受け付けております。

〇 参加登録手続きは、以下の①②③をもって完了となります。

〇 ①②ともに、受付期間は2022年11月8日(火)~12月9日(金)13:00です。

〇 参加を希望する方は、①②③④の順に手続きをお願いいたします。

〇 演題発表者は、必ず事前参加登録を行ってください。

〇 今学会は、生涯教育基礎ポイント付与の対象です。

〇 学生の参加については、養成校単位でお申し込みください。

〇 参加者は健康状態申告書 を記入の上、お持ちください。

健康状態申告書のダウンロードはこちらから

「出張許可について(依頼)」のダウンロードはこちらから

① 参加登録
兵庫県作業療法士会HP より参加登録を行ってください。

〇 兵庫県作業療法士会会員の方は必ず「会員の方コチラ」よりお申し込みください。

〇 兵庫県作業療法士会員以外の方は「非会員の方はコチラ」よりお申込みください。

〇 受付が終了すると「参加登録受付完了通知」メールが送信されます。

② 参加費のお支払い

作業療法士 OT協会 ×
士会 兵庫県 × ×
近畿 × ×
近畿以外 × ×
学会参加費 3,000円 3,000円 3,000円 10,000円 10,000円
他職種 3,000円 (兵庫県内の養成校に在籍するOTSは500円)
学生 1,000円
一般 1,000円
市民公開講座のみ参加 0円


〇 参加費お支払いの振込口座は、学会申し込みページに記載しております。

キャンセルポリシーはこちら

③参加登録の完了
〇 県士会口座への入金確認が出来次第、「入金確認通知」メールを送信します。

「入金確認通知」メールをもって、参加登録手続き完了となります。

〇 「入金確認通知」メールは、お振込みいただいた週の週明けに送信させていただく予定にしておりますが、「入金確認通知」メールが届かない方は、お手数ですが、兵庫県作業療法士会事務局までご連絡ください。

④当日の受付
〇 会場受付時に以下の2点をお持ちください。

1)「参加登録受付完了通知」メールの画面もしくは印刷された用紙
2)当日の体温が記載された健康状態申告書

<メールの受信設定についてお願い>
@oasis.ocn.ne.jpからのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくようお願い申し上げます。以下の設定をされている方は、メールを受信できない場合がございます。申し込み前に、あらかじめご自身のPC・携帯電話およびスマートフォンのメール設定の確認をお願い致します。

・URL付きメール規制の設定がされている
・パソコンからのメール規制の設定がされている
・なりすまし規制の設定がされている
・「@oasis.ocn.ne.jp」のアドレス指定受信、またはドメイン指定受信設定をしていない


<養成校の先生へのお願い>
〇 学生の参加申し込みは、養成校単位でお願いします。

〇 参加希望の学生名簿(氏名、メールアドレス必須)を養成校単位でおまとめいただき、
 11月30日(水)までに以下にお送りくださいますようお願いいたします。

〇 事務局で学生の申し込み人数を確認後、「学生参加申し込み確認」メールを送信します。その後、各メールアドレスに抄録を送りますので、ご確認下さい。

〇 参加費は、「学生参加申し込み確認」メール到着後、12月9日(金)13:00までに参加学生分をまとめてお振込みください。

〇 当日は学生証などの身分証と、記入された健康状態申告書をお持ちいただきますよう、お願い申し上げます。

学生申し込み先
実行委員長:大谷 将之(障がい者支援センター「てらだ」)

申し込みフォーム

学会参加の申し込みはこちらから
↓↓↓↓↓

keb-o2

募集要項

演題募集要項
応募資格 : 筆頭発表者は兵庫県作業療法士会の会員とします。
応募方法 : 必要事項を記入の上、下記の学会メールアドレス宛に申し込みをして下さい。
件名を「第28回兵庫県作業療法学会演題応募」とし、本文には、必ず
  • ①発表者氏名(フリガナ)
  • ②OT協会会員番号
  • ③所属施設名
  • ④施設所在地
  • ⑤連絡先
  • ⑥演題名
  • ⑦分野(身障、老年期、発達、地域、精神、その他より選択)

を記載し、抄録原稿を添付して下さい。

演題募集期間:2022年5月1日(日)~7月15日(金)
募集期間延長 ~8月20日(日)17:00まで

-      

抄録作成規定
  • 抄録はA4用紙1枚で、Word文書(Windows 2003Ver以降)で作成して下さい。
  • 用紙の余白は上下20mm、左右20mmで設定して下さい。
  • 本文は2段組とし、各段の文字数は22字程度、行数は38行程度として下さい。
  • 文字フォントは明朝体とし、演題名の文字サイズは12ポイント、所属・氏名・本文は10.5ポイントとして下さい。
  • 演題名と所属・氏名、また所属・氏名と本文の間は1行ずつスペースを開けて下さい。
  • 発表者が複数の場合は、筆頭発表者名の前に○印をつけて下さい。
  • 本文には【はじめに】【方法】【結果】【考察】等の小見出しをつけて下さい。
  • 原則として、倫理的配慮に関する記載が必要です。関係機関の倫理審査委員会等の承認を得た場合は、そのことを記載して下さい。症例報告では、発表への同意を得た旨を記載して下さい(例:報告にあたり、本人の同意を得た)。
  • 図表は必要に応じて挿入して下さい。印刷時に不鮮明にならないようご注意下さい。

県学会抄録見本

発表にあたって
  • 発表方式は、Power Point(Windows 2003Ver以降)による口述発表を予定しています。
  • スライドはWindows Microsoft PowerPoint(Windows 2003Ver以降)で作成して下さい。
  • 動画・音声データは使用出来ません。またアニメーションは設定しないで下さい。
  • 文字化け防止のため、MS・MSPゴシック、MS・MSP明朝、Century、Century Gothic以外のフォントは使用不可です。
  • スライドには、利益相反(COI)に関する記載を含めて下さい。
  • スライドデータは学会当日にUSBメモリもしくはCD-Rで提出して下さい。
  • 発表時間は、発表7分、質疑応答7分、座長まとめ1分の計15分です。パソコン操作は自身で行って頂きます。

演題申し込み・問い合わせ先
実行委員長:大谷 将之(障がい者支援センター「てらだ」)

※問い合わせの際は、件名を「問い合わせ」と記載して下さい。

演題発表者の声
過去に演題発表された方からのメッセージです。演題登録に悩まれている方はぜひご覧ください!

演題発表者の声

Copyright(c) Hyogo Association of Occupational Therapists all rights reserved.