兵庫県作業療法士会

文字サイズ

HOMEその他の研修会

作業科学入門編 ~作業に焦点を当てた作業療法とは?~ 2020.4.19

<日時>
令和2年4月19日(日曜日)10:30~16:30(受付10:00~)
<セミナータイトル>
『作業科学入門編〜作業に焦点を当てた作業療法とは?〜』

講師:酒井 ひとみ 先生
所属:関西福祉科学大学 教授
資格:認定作業療法士、博士(保健学)

<会場>
大阪産業創造館 会議室A+B
<定員>
50名
<受講料>
9800円(2人以上でのお申込みで8800円となります。)
<申し込み方法>
申し込みはリハガクホームページよりお願いします。
「リハガク」で検索してください。
https://reha-gaku.com/
<セミナー内容>
「人は作業をすることで元気になれる」(日本作業療法士協会の合言葉)といわれていますが、その「作業」とは何なのでしょうか? 作業に焦点を当てた作業療法と心身機能向上訓練は相いれないものでしょうか?「作業」をしっかりと理解することで提供する作業療法の質は向上します。質の高い作業療法の提供は心身機能にも良い影響を及ぼします。
この度作業科学の考えを基に「作業」について学ぶ内容の研修会となっております。 講義だけでなく少人数のグループに分かれてアクションプランを作成する、ワールドカフェ風の時間も設けたいと思います。
作業療法士だが「作業」について理解ができていない。もう一度「作業」についてしっかり学びたいと思っている作業療法士の方に是非参加していただきたいです。

【内容】
◯「作業」を作業科学やそれを基盤にした実践理論を通して理解する。
◯作業療法士が提供する独自のADL・生産的活動・余暇的活動アプローチについて
◯臨地の実践に活用できる知識を知りその技術の基礎を学ぶ。
◯作業療法士は何をする人か?作業とは?
◯作業科学の紹介
◯作業科学の知識を盛り込んだOT過程
◯作業に焦点を当てた作業療法とは?
◯作業を基盤した作業療法とは?
◯ADL・生産的活動・余暇的活動への作業科学活用
Copyright(c) Hyogo Association of Occupational Therapists all rights reserved.