兵庫県作業療法士会

文字サイズ

HOME 兵庫県士会の概要

兵庫県作業療法士会の概要About US

名 称
一般社団法人 兵庫県作業療法士会
所在地
〒653-0835神戸市長田区細田町5-2-25ライオンビル東館301
役 員
代表理事
長尾 徹
第1副会長
浅沼 由紀
第2副会長
門脇 誠一
理事
大庭 潤平
理事
小南 陽平
理事
坂本 敏行
理事
佐野 恭子
理事
竹内 さをり
理事
竹内 美保
理事
田中 康介
理事
野田 和惠
理事
森川 孝子
理事
渡邊 康子
監事
内田 豊
監事
石谷 典子

代表理事 挨拶

県士会長あいさつ
会長(代表理事)長尾 徹 作業療法は人の活動を支援する技術です。

その技術は医師が行う手術のように特殊な方法を用いるのではなく、人が日々取り組んでいる作業活動を用いて、対象者の能力や隠れた可能性を最大限に引き出す点にユニークさを有しています。

日本作業療法士協会が掲げている「人は作業することで元気になれる」という表現そのものが、まさにその基軸を表しています。

作業療法士はそれら作業活動をいつ、どのように、どうやって用いるのかという先達からの知識を蓄積し、さらに自ら開発することで専門性を高めてまいりました。現在では、医療のみならず保健・介護・福祉・教育など様々な分野で活用されています。

作業療法の技術は、支援を必要とする多くの皆さまにとって、必ずお役に立てるものと自負しています。兵庫県内に足場を置く作業療法士は専門職集団を形成し、人格なき社団として26年間の活動を継続してきましたが、平成23年に一般社団法人として新たに歩みだしました。

兵庫県の皆さまにとって身近に役立つ専門職として、今後も会員の作業療法士としての資質向上を進めつつ、多くの皆さまの生活支援や自己実現、さらなる健康増進を目指して活動を継続したいと考えております。また、これから益々求められる地域共生社会の構築には、保健・医療・福祉に関わる他の職能団体の皆さまとの協調も不可欠です。他専門職団体におかれましては、今まで通り、さらには今まで以上のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
一般社団法人兵庫県作業療法士会
会長(代表理事)長尾 徹

会長へのご意見・パブリックコメント

2020年度 重要課題

新型コロナウィルスに対する柔軟な事業変更
社会情勢の変化に応じた人材の育成
  • 指定規則改定に伴う作業療法士養成環境の構築(臨床実習指導者講習会の開催)
  • 自動車運転支援委員会の設置
  • 特設委員会(認知症・地域ケア推進・特別支援教育・精神分野作業療法委員会)による事業の継続
県士会業務の効率化・明確化
  • 県士会活動におけるIT活用(有料グループウェアの活用)
県行政・市町行政との協働
  • 地域支援事業等の企画運営・協議会運営への協力
  • 各市町認定審査会等への委員派遣
  • 兵庫県等が企画するその他の事業への協力
日本作業療法士協会、近畿作業療法士連絡協議会、県内他職種、地域住民との連携事業
  • 日本作業療法士協会との連携(47委員会、推進委員の活動等)
  • 近畿作業療法学会(滋賀)への協力
  • 近畿作業療法士連絡協議会の合同プロジェクト(5事業)の活動と支援
  • 兵庫県リハ3士会合同地域支援推進協議会による人材育成への協力
  • 兵庫県リハ3士会障害児者支援協議会への協力
  • 兵庫県医療職団体協議会の事業協力

2019年度事業報告書

沿革

1984(昭和59)
兵庫県作業療法士会設立準備開始
1985
兵庫県作業療法士会設立
1992
第1回兵庫県作業療法学会 開催
1994
兵庫県作業療法士会設立10周年記念事業開催
2003
ホームページの立ち上げ
2007
第27回近畿作業療法学会 兵庫で開催
2007
会員数1000名を突破
2008
事務所を神戸市西区大津和に設置
2011
一般社団法人設立
2012
第50回作業療法全国研修会 兵庫で開催
2013
第33回近畿作業療法学会 兵庫で開催
2014
兵庫県3士会合同地域支援推進協議会 立ち上げ
2015
第49回日本作業療法学会 兵庫で開催
2015
兵庫県作業療法士会設立30周年記念事業開催
2018
事務所を神戸市長田区細田町に移転

組織図

定款

兵庫県作業療法士会定款

理事専用

理事専用ログインページ

Copyright(c) Hyogo Association of Occupational Therapists all rights reserved.